<< 野菜コーディネーターの通信講座 | main |

スポンサーサイト

  • 2016.01.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違い

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは資格を認定する民間団体になります。

野菜コーディネーターと野菜ソムリエは野菜や果物の知識とノウハウを習得していくことを証明する民間資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが、野菜や果物の知識とノウハウの習得を証明します。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば野菜コーディネーターを取得できます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が野菜コーディネーター資格の認定団体です。

野菜ソムリエは日本野菜ソムリエ協会が認定する資格です。

日本野菜ソムリエ協会の講座を修了すれば野菜ソムリエの認定資格を取得できます。

野菜ソムリエ資格所得の講座には、資格を取得できる「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のような通信教育講座はありません。

次に、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いについて紹介します。

1)一般社団法人ホールフード協会

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを紹介します。

野菜コーディネーターは一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する資格です。

伝統と実績がある「がくぶん」の通信教育講座の中に野菜コーディネーター養成講座があります。

野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する講座です。

「がくぶん」の養成講座を修了することで、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会から資格を認定されます。

2)日本野菜ソムリエ協会

ホールフード(Whole Food)協会と日本野菜ソムリエ協会のHPで、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを確認できます。

野菜ソムリエの資格を認定する団体は日本野菜ソムリエ協会です。

野菜ソムリエ認定資格を取得するには、日本野菜ソムリエ協会実施の通学講座を受講して受験資格を得てから、日本野菜ソムリエ協会実施の会場試験に合格することです。

受験ステップ1は、日本野菜ソムリエ協会の通学講座である野菜ソムリエコース修了です。

受験ステップ2は、日本野菜ソムリエ協会の会場試験の一次試験と二次試験に合格することです。

3)野菜の資格の比較

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは、資格取得に必要な講座スタイル・受講資格・会場受験の有無・取得費用・認定資格維持費用などです。

野菜ソムリエコースを受講するためには受講資格が必要ですが、野菜コーディネーターには受験資格はありません。

ジュニア野菜ソムリエ資格所持が野菜ソムリエコースの受講資格になります。

受講スタイルにも差があります。

野菜コーディネーターは自宅でのマイペース学習ができる通信教育講座です。

野菜ソムリエは決められた講座時間に通学して受講する必要があります。

野菜コーディネーターは「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了すれば取得できます。

野菜ソムリエは通学講座修了後に会場試験の一次試験と二次試験に合格する必要があります。

野菜コーディネーター資格は「がくぶん」の養成講座(通信教育講座)を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

ライフスタイル・勤務スタイルに合わせた学習で取得できるので、家事や育児で忙しい女性でも取得できます。







スポンサーサイト

  • 2016.01.16 Saturday
  • -
  • 15:35
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク