<< 野菜コーディネーター資格取得方法 | main | 野菜コーディネーター合格率・合格ライン >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向は、資格を認定する一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会と、人気の通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで確認できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶのは、

・いろいろな野菜や果物の種類
・おいしい野菜や果物の選別方法
・鮮度をキープした保存方法
・美味しさを引き出す調理方法
・健康と美容に役立つ美味しいレシピなどです。

通信教育講座で野菜や果物の知識とノウハウを習得して「食」の仕事や健康・美容効果に優れた料理つくりに活かしてください。

次に、野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向について紹介します。

1)資格の認定機関

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向を知るには、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会と「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトを覗いてください。

野菜コーディネーターの認定機関は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会です。

ホールフード協会の代表は「タカコ・ナカムラ」です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座の監修は「タカコ・ナカムラ」です。

ホールフード協会には野菜コーディネーターの他にも「食」の認定資格があります。

・Whole Foodジュニアマスター・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスター

・野菜コーディネーター

・醸しにすと(発酵食スペシャリスト)・醸しにすと“極”(発酵食スペシャリスト“極”)です。

2)通信教育講座の受講期間

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向は、人気の通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで知ることができます。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

講座内容が理解しやすいので人気があります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座の通信教育標準受講期間は4ヶ月です。

通信教育の標準受講期間4ヶ月で多くの受講生は野菜や果物の知識とノウハウを習得して修了します。

通信教育講座で、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを習得しませんか。

3)養成講座の概要

「がくぶん」の養成講座のサイトで紹介されている野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向などの概要を紹介します。

養成講座の標準受講期間が4ヶ月なので多くの人は4ヶ月で講座を修了して認定資格を取得しています。

養成講座で学ぶ通信教育の内容は、

・「野菜や果物などの食材の基礎知識」
・「野菜や果物の特徴」
・「その他の食材の特徴」

・「野菜を活用したエコライフ」
・「野菜や果物を使った栄養満点の調理方法」
・「美味しいレシピ」になります。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座で野菜や果物の知識とノウハウを習得してください。

通信教育講座のメリットはライフスタイルや勤務スタイルに合わせたマイペース学習ができることです。

家事や育児や会社勤務で忙しい女性の多くは標準受講期間4ヶ月で養成講座を修了しています。

自宅でのマイペース学習で野菜や果物の知識とノウハウを習得して認定資格を取得すれば「食」の仕事に活かせます。






スポンサーサイト

  • 2016.01.16 Saturday
  • -
  • 15:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク