<< 野菜コーディネーターの資格取得のメリット | main | 野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向 >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


野菜コーディネーター資格取得方法

野菜コーディネーター資格取得方法のおススメは通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座です。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

野菜コーディネーターの他にもたくさんの通信教育課座が用意されています。

野菜コーディネーターは一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

「がくぶん」の通信教育講座で野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識やノウハウを学んで健康食や美容食に活かしませんか。

野菜コーディネーターは調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが「食」の仕事に役立ちます。

次に、ホールフード協会の認定資格と野菜コーディネーター資格取得方法を紹介します。

1)Whole Food

野菜コーディネーター資格取得方法の前に一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格の紹介をします。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会には6つの認定資格があります。

・Whole Foodジュニアマスター・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスター

・野菜コーディネーター

・醸しにすと(発酵食スペシャリスト)・醸しにすと“極”(発酵食スペシャリスト“極”)です。

「がくぶん」の通信教育講座で野菜コーディネーターを取得して・Whole Foodジュニアマスターなどの上位資格や発酵食スペシャリストなどの「醸しにすと」に挑戦する人もいます。

「がくぶん」の通信教育講座を受講しませんか。

2)野菜コーディネーターとは

野菜コーディネーター資格取得方法を紹介します。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の養成講座を修了する方法が一番スムーズです。

「がくぶん」は伝統と実績があり通信教育講座システムが優れています。

ライフスタイルに合わせて学習できる通信教育なので、家事・育児・会社勤務に合わせたマイペース学習ができます。

家事や育児のスキマ時間や通勤時間を利用して学習できます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会認定の野菜コーディネーターは民間資格ですが「食」の仕事で活かせます。

3)養成講座の修了

野菜コーディネーター資格取得方法は「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで確認できます。

野菜コーディネーターとして一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会から認定される為には「がくぶん」の養成講座を修了する必要があります。

野菜コーディネーター養成講座を修了する条件は、指導課題と修了課題に合格することです。

指導課題と修了課題の合格のポイントは、リラックスしたマイペース学習です。

指導課題と修了課題の内容は、野菜や果物に関する基礎知識・野菜の特徴・果物他の食材の特徴・野菜で始めるエコライフ・栄養満点の健康レシです。

野菜コーディネーター養成講座の指導課題回数は4回あります。

養成講座の標準受講期間は4ヶ月です。

多くの人が約4ヶ月で野菜コーディネーターの認定資格を取得しています。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了して、ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得しませんか。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の養成講座を受講して野菜や果物の知識とノウハウを習得してください。






スポンサーサイト

  • 2016.01.16 Saturday
  • -
  • 15:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク