スポンサーサイト

  • 2016.01.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違い

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは資格を認定する民間団体になります。

野菜コーディネーターと野菜ソムリエは野菜や果物の知識とノウハウを習得していくことを証明する民間資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが、野菜や果物の知識とノウハウの習得を証明します。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば野菜コーディネーターを取得できます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が野菜コーディネーター資格の認定団体です。

野菜ソムリエは日本野菜ソムリエ協会が認定する資格です。

日本野菜ソムリエ協会の講座を修了すれば野菜ソムリエの認定資格を取得できます。

野菜ソムリエ資格所得の講座には、資格を取得できる「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のような通信教育講座はありません。

次に、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いについて紹介します。

1)一般社団法人ホールフード協会

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを紹介します。

野菜コーディネーターは一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する資格です。

伝統と実績がある「がくぶん」の通信教育講座の中に野菜コーディネーター養成講座があります。

野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する講座です。

「がくぶん」の養成講座を修了することで、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会から資格を認定されます。

2)日本野菜ソムリエ協会

ホールフード(Whole Food)協会と日本野菜ソムリエ協会のHPで、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを確認できます。

野菜ソムリエの資格を認定する団体は日本野菜ソムリエ協会です。

野菜ソムリエ認定資格を取得するには、日本野菜ソムリエ協会実施の通学講座を受講して受験資格を得てから、日本野菜ソムリエ協会実施の会場試験に合格することです。

受験ステップ1は、日本野菜ソムリエ協会の通学講座である野菜ソムリエコース修了です。

受験ステップ2は、日本野菜ソムリエ協会の会場試験の一次試験と二次試験に合格することです。

3)野菜の資格の比較

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは、資格取得に必要な講座スタイル・受講資格・会場受験の有無・取得費用・認定資格維持費用などです。

野菜ソムリエコースを受講するためには受講資格が必要ですが、野菜コーディネーターには受験資格はありません。

ジュニア野菜ソムリエ資格所持が野菜ソムリエコースの受講資格になります。

受講スタイルにも差があります。

野菜コーディネーターは自宅でのマイペース学習ができる通信教育講座です。

野菜ソムリエは決められた講座時間に通学して受講する必要があります。

野菜コーディネーターは「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了すれば取得できます。

野菜ソムリエは通学講座修了後に会場試験の一次試験と二次試験に合格する必要があります。

野菜コーディネーター資格は「がくぶん」の養成講座(通信教育講座)を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

ライフスタイル・勤務スタイルに合わせた学習で取得できるので、家事や育児で忙しい女性でも取得できます。







野菜コーディネーターの魅力・メリット

野菜コーディネーターの魅力・メリットは料理つくりに野菜や果物の基礎知識とノウハウを活かせることです。

新鮮で美味しい野菜や果物を使った料理つくりしませんか。

美容と健康は「食」で改善できます。

生活の質(QOL)を高める料理つくりに野菜コーディネーターの知識とノウハウを活用してください。

「がくぶん」の通信教育講座で習得した野菜コーディネーターの知識とノウハウをアンチエイジング・ダイエット・生活習慣病予防・美肌の料理つくりに活かしてください。

「がくぶん」の通信教育講座の野菜コーディネーター養成講座はマイペースで学べます。

家事・育児・会社勤務で忙しく活躍している女性は通学制の講座に通うのは困難です。

通信教育講座のメリットは決められた講座時間割と通学時間がないことです。

自宅でリラックスしてマイペースで学習すれば継続できます。

家事・育児のスキ間時間や通勤時の時間を利用して学習できます。

「がくぶん」の通信教育講座で野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの基礎知識とノウハウを習得してください。

次に、野菜コーディネーターの魅力・メリットを紹介します。

1)野菜や果物と美肌ダイエット

野菜コーディネーターの魅力・メリットは野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの基礎知識とノウハウを、美肌食やダイエット食つくりに活かせることです。

皮下脂肪や内臓脂肪が気になりませんか。

ダイエットは生活習慣病予防にもなります。

栄養バランスに優れたカロリーコントロール食をダイエットに活かしてください。

野菜や果物の知識とノウハウを美肌食やダイエット食に活用すれば見た目年齢を若くキープできます。

2)野菜や果物とメタボ

野菜コーディネーターの魅力・メリットは野菜や果物の知識とノウハウを、メタボリックシンドローム予防の料理つくりに活かせることです。

メタボリックシンドロームは生活習慣病のリスクを高めます。

生活習慣病とは心臓病・脳卒中・高血圧・糖尿病・肥満・脂質異常症などです。

メタボ予防食に果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの基礎知識とノウハウを活用してください。

3)野菜や果物の料理

野菜コーディネーターの魅力・メリットは野菜や果物を使った料理つくりのスペシャリストとして「食」の仕事ができることです。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の養成講座で野菜や果物の知識とノウハウを習得してください。

養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whoie Food)協会認定の野菜コーディネーター資格を取得できます。

野菜コーディネーターを取得すれば、「食」の上位資格や他の資格にも挑戦できます。

ホールフード(Whoie Food)協会認定の「食」の資格には、

・Whole Foodジュニアマスター・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスター・醸シニスト・野菜コーディネーターなどがあります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了してホールフード(Whoie Food)協会の認定資格を取得しませんか。

野菜や果物の知識とノウハウを習得すれば「食」のスペシャリストとして活躍できます。






野菜コーディネーターになる方法

野菜コーディネーターになる方法なら、人気の通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座受講をおススメします。

野菜コーディネーターは、一般社団法人・ホールフード協会の認定資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが、野菜の知識とノウハウを証明する資格になります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講しませんか。

一般社団法人・ホールフード協会の認定講座である「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば認定資格を取得できます。

一般社団法人・ホールフード協会には野菜コーディネーターを含めて6つの資格があります。

・Whole Foodジュニアマスター

・Whole Foodシニアマスター

・Whole Foodマスター

・Whole Foodインストラクター

・野菜コーディネーター

・醸シニストです。

野菜コーディネーター資格は、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの種類などの基礎知識とノウハウを習得していることを証明できます。

次に、野菜コーディネーターになる方法を紹介します。

1)一般社団法人・ホールフード協会

野菜コーディネーターになる方法は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座を修了することです。

「がくぶん」の通信教育講座の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば資格を取得できます。

野菜コーディネーターはホールフード(Whole Food)協会の認定資格です。

野菜コーディネーターを取得した人の中にはホールフード協会の上位資格を取得する人もいます。

野菜コーディネーターの上位資格には、・Whole Foodジュニアマスター・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスターなどがあります。

2)野菜と果物の基礎知識

野菜コーディネーターになる方法は野菜と果物の基礎知識とノウハウを習得することです。

野菜と果物の知識とノウハウは通信教育講座で取得できます。

「がくぶん」の通信教育講座を受講して、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの種類などの知識とノウハウを習得しませんか。

野菜と果物の基礎知識やノウハウを習得すれば野菜コーディネーター資格を取得できます。

野菜と果物の基礎知識とノウハウを活かしてランクアップすれば上位資格も目指せます。

3)「がくぶん」の野菜と果物講座

野菜コーディネーターになる方法では、人気の通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了するのが簡単です。

「がくぶん」の通信教育講座の標準受講期間は約4ヶ月です。

4ヶ月の養成講座(通信教育講座)で、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの基礎知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の通信教育講座はホールフード協会代表の「タカコ ナカムラ」が監修しています。

「タカコ ナカムラ」監修の野菜コーディネーター養成講座を修了して、ホールフード協会の認定資格を取得しませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーターで、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの種類などの基礎知識とノウハウを習得して認定資格を取得しましょう。

養成講座(通信教育講座)を修了すればホールフード協会認定の野菜コーディネーター資格を取得できます。

「がくぶん」の実績と人気の通信教育で野菜と果物の知識とノウハウを学びませんか。





野菜コーディネーターの給料・年収・初任給

野菜コーディネーターの給料・年収・初任給は「食」の仕事の役割や仕事スタイルで変わります。

基本的には「食」の仕事をしている周りのスタッフとの差はありません。

勤務している会社の資格手当や資格取得報奨金などの制度があれば野菜コーディネーター取得によって給与アップや臨時収入などのメリットはあります。

野菜コーディネーター取得のメリットは、野菜や果物の知識とノウハウを「食」の仕事に活かすせることです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講しませんか。

野菜コーディネーターは、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が野菜コーディネーターの認定資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが、野菜や果物の知識とノウハウの習得を証明できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

次に、野菜コーディネーターの給料・年収・初任給について紹介します。

1)野菜や果物の知識とノウハウ

野菜コーディネーターの給料・年収・初任給は野菜や果物の知識とノウハウを活かすことでアップします。

野菜コーディネーター養成講座はホールフード(Whole Food)協会認定の民間資格です。

民間資格ですが、
・いろいろな美味しい野菜と果物の種類
・新鮮で美味しい野菜や果物の選別方法
・鮮度をキープした保存方法
・効能や美味しさを引き出す調理方法
・健康や美容に役立つレシピなどの知識とノウハウは役立ちます。

野菜や果物の知識とノウハウを健康食や美容食つくりに活かせれば年収アップが期待できます。

生活習慣病予防に役立つ健康食・アンチエイジングやダイエットに役立つ美容食つくりに野菜や果物の知識とノウハウを活かしてください。

2)中食開発製造で年収アップ

中食の調理開発製造で活躍している野菜コーディネーターの給料・年収・初任給は基本的には一般社員と同じです。

年収や給与をアップさせるには、「がくぶん」の養成講座で習得した野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識やノウハウを活かすことです。

生活習慣病予防に役立つ健康食・アンチエイジングやダイエットに役立つ美容食つくりのノウハウを中食の開発製造に活かすことで年収アップが期待できます。

3)外食調理で年収アップ

レストラン・料理店・ホテルや旅館の調理部門で活躍している野菜コーディネーターの給料・年収・初任給は、基本的には一般社員と同じです。

外食業界で年収や給与アップをするには、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識やノウハウを外食つくりに活かすことです。

生活習慣病予防・アンチエイジング・ダイエット・美肌効果などの付加価値のある美味しい料理を提供できれば年収アップに繋がります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどを習得してください。

野菜や果物の知識とノウハウは外食・中食・給食の開発や製造や調理で役立ちます。






野菜コーディネーターの1日のスケジュール(勤務時間)

野菜コーディネーターの1日のスケジュール(勤務時間)は勤務している職場の勤務スタイルで異なります。

野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの基礎知識やノウハウを学んだ野菜コーディネーターは、外食・中食・給食調理の企業で活躍しています。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜や果物の知識やノウハウを学んで外食・中食・給食の業界で仕事をしませんか。

野菜や果物の知識とノウハウは家庭料理にも役立ちます。

野菜や果物の知識とノウハウを知育・体育・徳育のベースになる食育にも活かしてください。

次に、野菜コーディネーターの1日のスケジュール(勤務時間)について紹介します。

1)外食・中食・給食の調理

野菜コーディネーターの1日のスケジュール(勤務時間)は、外食・中食・給食の業界の勤務スタイルで変わります。

外食業界にはレストラン・料理店・ホテル・旅館などの調理部門があります。

中食業界には小さな弁当店からコンビニやスーパーに中食を提供している調理工場などがあります。

給食業界には、小学校・中学校・高等学校などの給食から病院や介護施設などの給食もあります。

1日の勤務時間は勤務スタイルや職場の規模によって異なります。

2)外食調理での勤務スケジュール

外食産業で調理している野菜コーディネーターの1日のスケジュール(勤務時間)は勤務スタイルやお店のサービスや職場規模で変わります。

野菜コーディネーターの知識とノウハウを習得して、レストラン・料理店・ホテル・旅館などの外食の調理部門で活躍しませんか。

外食の勤務スタイルには、24時間営業の外食チェーン店やランチや夕食だけをサービスしている専門レストランや料理店では異なります。

勤務する前に勤務スタイルや提供しているサービスを調べることが大切です。

3)中食調理での勤務スケジュール

中食産業で調理している野菜コーディネーターの1日のスケジュール(勤務時間)は、中食工場の勤務スタイル・職場規模や研究開発部門などでは異なります。

弁当販売の個人商店やスーパーの惣菜部門では8時間の勤務をコアにしたシフトスタイルが多いようです。

24時間スケジュールでコンビニ・スーパー・デパートなどへ中食を提供している調理工場ではパートタイムの勤務スタイルが一般的です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜や果物の知識とノウハウを学んで、外食・中食・給食業界の調理部門で活躍しませんか。

「がくぶん」の養成講座で学ぶ野菜コーディネーターの知識とノウハウは食育にも役立ちます。







野菜コーディネーターの求人・職種・勤務先

野菜コーディネーターの求人・職種・勤務先は、料理教室・レストラン・ホテル・料理屋・中食・給食などの「食」関連の会社です。

家庭の主婦にも野菜コーディネーターの野菜と果物の知識とノウハウは役立ちます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講しませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、ホールフード(Whole Food)協会から認定資格を与えられます。

「がくぶん」の養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会認定の講座です。

野菜コーディネーター養成講座を受講して、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法などの知識やノウハウを学びませんか。

・美味しいいろいろな野菜や果物の種類
・新鮮で美味しい野菜や果物の選別方法
・鮮度と品質をキープした保存方法

・効能や美味しさを引き出す調理方法
・健康食や美容食などの美味しいレシピの知識は料理つくりに役立ちます。

次に、野菜コーディネーターの求人・職種・勤務先を紹介します。

1)「食」の仕事

野菜コーディネーターの求人・職種・勤務先は外食・中食・給食業界の「食」の職種になります。

レストラン・料理店・旅館・ホテル・公共施設などの外食部門や弁当店・コンビニ・スーパーなどの中食部門での調理に、野菜と果物の知識とノウハウが役立ちます。

教育施設・医療施設・老人福祉施設・介護施設では、子供の知育・体育・徳育や病後快復や生活の質(QOL)アップの料理つくりに野菜と果物の知識が役立ちます。

「がくぶん」の養成講座で学んで「食」の仕事に活かしてください。

2)元気快復の給食

野菜コーディネーターの求人・職種・勤務先には、教育施設・医療施設・老人福祉施設・介護施設での給食調理部門があります。

保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校などの教育施設では、知育・体育・徳育に効果がある給食が求められています。

病院などの医療施設では病後や手術後の快復をサポートする給食が求められています。

老人福祉施設や介護施設では生活の質(QOL)を改善する元気回復の給食が求められています。

3)ダイエット料理

野菜コーディネーターの求人・職種・勤務先には、レストラン・料理店・ホテル・旅館などの外食業界の調理部門があります。

外食業界では、アンチエイジング・ダイエット・美肌・生活習慣病予防効果などの付加価値のある料理に注目が集まっています。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学んで、アンチエイジング・ダイエット・美肌・生活習慣病予防食つくりに野菜と果物の知識とノウハウを活かしてください。

健康的なダイエット食はアンチエイジングや美肌や生活習慣病予防にも効果があります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学んだ野菜や果物の知識とノウハウを、外食・中食・給食などの「食」の仕事に活かしませんか。

アンチエイジングや美肌や生活習慣病予防にも効果があるダイエット食は女性に求められています。





野菜コーディネーターの仕事内容

野菜コーディネーターの仕事内容には、生活習慣病予防の健康食やダイエット・アンチエイジング・美肌に役立つ美容食つくりがあります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば野菜コーディネーターの認定資格を取得できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学べます。

「がくぶん」の養成講座は一般社団法人・ホールフード協会の認定講座です。

一般社団法人・ホールフード協会には、

・Whole Foodジュニアマスター
・Whole Foodシニアマスター
・Whole Foodマスター

・野菜コーディネーター

・醸しにすと(発酵食スペシャリスト)
・醸しにすと“極”(発酵食スペシャリスト“極”)などの資格があります。

「がくぶん」の養成講座で野菜コーディネーターを取得した女性の中には、上位資格や「醸しにすと」などの資格取得に挑戦するケースもあります。

次に、野菜コーディネーターの仕事内容について紹介します。

1)家族の健康

野菜コーディネーターの仕事内容には家族の健康や生活の質(QOL)アップに役立つ料理つくりがあります。

毎日の食事が生活の質(QOL)や生活習慣病予防や改善に大きく影響を与えます。

家族の健康に関係している毎日の料理に、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの知識とノウハウを役立てませんか。

野菜と健康の知識やノウハウが家族の健康つくりをサポートします。

2)内臓脂肪・皮下脂肪と野菜

野菜コーディネーターの仕事内容にはメタボリックシンドローム予防の料理つくりがあります。

皮下脂肪や内臓脂肪が多いメタボリックシンドロームは生活習慣病のリスクを高めます。

生活習慣病は脳卒中・心臓病・高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満などです。

「がくぶん」の養成講座で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの知識とノウハウを学んで内臓脂肪・皮下脂肪を減らす料理をつくりませんか。

3)健康食と野菜の力

野菜コーディネーターの仕事内容には野菜や果物の力を活かした健康食つくりがあります。

野菜コーディネーターの中には医療施設や介護施設の給食調理部門で活躍している人もいます。

医療施設や介護施設の給食調理で、野菜と果物の力を活かした健康食をつくりませんか。

医療施設や介護施設で給食調理している野菜コーディネーターに求められることは、生活の質(QOL)アップに役立つ野菜や果物の力を活用した料理つくりです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの知識とノウハウを学んでください。


野菜と果物の知識とノウハウは、家族の健康キープやメタボ体形の内臓脂肪・皮下脂肪減らしや生活習慣病予防に役立ちます。

野菜や果物の力を生かした給食は医療施設や介護施設で求められています。






calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM