スポンサーサイト

  • 2016.01.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違い

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは資格を認定する民間団体になります。

野菜コーディネーターと野菜ソムリエは野菜や果物の知識とノウハウを習得していくことを証明する民間資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが、野菜や果物の知識とノウハウの習得を証明します。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば野菜コーディネーターを取得できます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が野菜コーディネーター資格の認定団体です。

野菜ソムリエは日本野菜ソムリエ協会が認定する資格です。

日本野菜ソムリエ協会の講座を修了すれば野菜ソムリエの認定資格を取得できます。

野菜ソムリエ資格所得の講座には、資格を取得できる「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のような通信教育講座はありません。

次に、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いについて紹介します。

1)一般社団法人ホールフード協会

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを紹介します。

野菜コーディネーターは一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する資格です。

伝統と実績がある「がくぶん」の通信教育講座の中に野菜コーディネーター養成講座があります。

野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する講座です。

「がくぶん」の養成講座を修了することで、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会から資格を認定されます。

2)日本野菜ソムリエ協会

ホールフード(Whole Food)協会と日本野菜ソムリエ協会のHPで、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを確認できます。

野菜ソムリエの資格を認定する団体は日本野菜ソムリエ協会です。

野菜ソムリエ認定資格を取得するには、日本野菜ソムリエ協会実施の通学講座を受講して受験資格を得てから、日本野菜ソムリエ協会実施の会場試験に合格することです。

受験ステップ1は、日本野菜ソムリエ協会の通学講座である野菜ソムリエコース修了です。

受験ステップ2は、日本野菜ソムリエ協会の会場試験の一次試験と二次試験に合格することです。

3)野菜の資格の比較

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは、資格取得に必要な講座スタイル・受講資格・会場受験の有無・取得費用・認定資格維持費用などです。

野菜ソムリエコースを受講するためには受講資格が必要ですが、野菜コーディネーターには受験資格はありません。

ジュニア野菜ソムリエ資格所持が野菜ソムリエコースの受講資格になります。

受講スタイルにも差があります。

野菜コーディネーターは自宅でのマイペース学習ができる通信教育講座です。

野菜ソムリエは決められた講座時間に通学して受講する必要があります。

野菜コーディネーターは「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了すれば取得できます。

野菜ソムリエは通学講座修了後に会場試験の一次試験と二次試験に合格する必要があります。

野菜コーディネーター資格は「がくぶん」の養成講座(通信教育講座)を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

ライフスタイル・勤務スタイルに合わせた学習で取得できるので、家事や育児で忙しい女性でも取得できます。







野菜コーディネーターの通信講座

「がくぶん」の野菜コーディネーターの通信講座を修了すれば、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会から認定資格を取得できます。

野菜コーディネーターは民間資格ですが野菜や果物の知識とノウハウを証明します。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが、「食」の仕事や健康と美容に役立つ料理つくりに役立ちます。

人気の通信教育機関の「がくぶん」野菜コーディネーター養成講座を修了して、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得しませんか。

「がくぶん」の養成講座は通信教育講座です。

通信教育講座のメリットは決められた講座時間割や通学がないことです。

自宅でスキマ時間を活用してマイペース学習ができます。

家事や育児で通学制の講座に通えない女性や会社勤務で忙しい女性でも、スキマ時間や通勤時間を活用してマイペース学習で野菜や果物の知識とノウハウを習得できます。

次に、野菜コーディネーターの通信講座の概要について紹介します。

1)「がくぶん」の通信教育講座

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の通信教育講座は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定を受けています。

「がくぶん」の野菜コーディネーターの通信講座の特徴は、養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できることです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講して指定課題レポートと修了認定試験に合格すれば野菜コーディネーターになれます。

2)通信教育講座をおススメ

野菜コーディネーターの通信講座をおススメしたい人は、家事や育児で通学制の講座に通えない女性や会社勤務で忙しく活躍している女性などです。

・家事や育児が忙しくて学校に通えない女性

・家事や育児の合間に資格の受験勉強をしたい女性

・食育に役立つ野菜や果物の知識とノウハウを学びたい女性

・家族の健康に役立つ料理に活かしたい女性

・子供の野菜キライを解決したいママ

・アンチエイジングの美容食をつくりたい女性

・ダイエット効果のある美味しい健康食をつくりたい女性におススメします。

3)野菜や果物のマイペース学習

「がくぶん」の野菜コーディネーターの通信講座を活用して野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学びませんか。

通信教育講座のメリットは家事や育児の合間のスキマ時間を活用したマイペース学習ができることです。

自宅でリラックスしたマイペース学習は学習効率を高めます。

スキマ時間を活かしたマイペース学習で野菜コーディネーターを取得した女性の中にはホールフード協会の上位資格や他の資格を取得する人も多くいます。

「がくぶん」野菜コーディネーター養成講座を修了して
一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会認定の野菜コーディネーター資格を取得してください。

家事や育児に忙しい女性には通信教育講座を利用した自宅でのマイペース学習をおススメします。









野菜コーディネーター合格率・合格ライン

野菜コーディネーター合格率・合格ラインは、資格を認定する一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会や通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで確認できます。

合格ラインをクリアするには、野菜や果物の知識とノウハウを習得することが必要です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、いろいろな野菜や果物の種類・美味しい野菜や果物の選別方法・鮮度をキープした保存方法・美味しさを引き出す調理方法・健康や美容に役立つ美味しいレシピなどを学べます。

「がくぶん」は人気の通信教育機関です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座であればマイペース学習で野菜や果物の知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了すれば課題や修了認定試験の合格ラインをクリアできます。

次に、野菜コーディネーター合格率・合格ラインを紹介します。

1)通信教育講座の内容

野菜コーディネーター合格率・合格ラインをクリアするには、通信教育講座をライフスタイルに合わせてマイペースで学習することです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば認定資格を取得できます。

養成講座を修了するためには課題レポートをクリアすることと修了認定試験に合格することです。

課題と修了認定試験の範囲は、・野菜や果物の基礎知識・野菜の特徴・その他の食材の特徴・野菜とエコライフ・栄養満点の調理方法・健康レシピなどです。

課題レポートの作成や修了認定試験は、カラーテキストを確認しながら作成できます。

2)野菜や果物の基礎知識

野菜コーディネーター合格率・合格ラインをクリアするには焦らないでジックリと「がくぶん」の養成講座で学ぶことです。

自宅でリラックスしてマイペース学習すれば、
・いろいろな野菜や果物の種類
・美味しい野菜や果物の選別方法
・鮮度をキープした保存方法
・美味しさを引き出す調理方法
・健康と美容に役立つレシピなどを習得できます。

野菜や果物の基礎知識とノウハウを習得して、食材の栄養効果を引き出した美味しい料理つくりに活かしてください。

3)野菜や果物の資格取得

野菜や果物の認定資格は民間資格です。調理師や栄養士のような公的資格ではありません。

一般社会法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する民間資格ですが「食」の仕事や美容・健康食つくりに活かせます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば認定資格を取得できます。

野菜コーディネーター合格率・合格ラインは、一般社会法人・ホールフード(Whole Food)協会や「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで予測できます。

養成講座の修了認定試験をクリアするには、・野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの知識とノウハウを習得することです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は一般社団法人・ホールフード協会の認定の通信教育講座です。

課題レポートと修了認定試験に合格すれば資格を取得できます。

野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどを習得して「食」の仕事や美味しい料理つくりに活かしてください。






野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向は、資格を認定する一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会と、人気の通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで確認できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶのは、

・いろいろな野菜や果物の種類
・おいしい野菜や果物の選別方法
・鮮度をキープした保存方法
・美味しさを引き出す調理方法
・健康と美容に役立つ美味しいレシピなどです。

通信教育講座で野菜や果物の知識とノウハウを習得して「食」の仕事や健康・美容効果に優れた料理つくりに活かしてください。

次に、野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向について紹介します。

1)資格の認定機関

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向を知るには、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会と「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトを覗いてください。

野菜コーディネーターの認定機関は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会です。

ホールフード協会の代表は「タカコ・ナカムラ」です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座の監修は「タカコ・ナカムラ」です。

ホールフード協会には野菜コーディネーターの他にも「食」の認定資格があります。

・Whole Foodジュニアマスター・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスター

・野菜コーディネーター

・醸しにすと(発酵食スペシャリスト)・醸しにすと“極”(発酵食スペシャリスト“極”)です。

2)通信教育講座の受講期間

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向は、人気の通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで知ることができます。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

講座内容が理解しやすいので人気があります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座の通信教育標準受講期間は4ヶ月です。

通信教育の標準受講期間4ヶ月で多くの受講生は野菜や果物の知識とノウハウを習得して修了します。

通信教育講座で、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを習得しませんか。

3)養成講座の概要

「がくぶん」の養成講座のサイトで紹介されている野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向などの概要を紹介します。

養成講座の標準受講期間が4ヶ月なので多くの人は4ヶ月で講座を修了して認定資格を取得しています。

養成講座で学ぶ通信教育の内容は、

・「野菜や果物などの食材の基礎知識」
・「野菜や果物の特徴」
・「その他の食材の特徴」

・「野菜を活用したエコライフ」
・「野菜や果物を使った栄養満点の調理方法」
・「美味しいレシピ」になります。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座で野菜や果物の知識とノウハウを習得してください。

通信教育講座のメリットはライフスタイルや勤務スタイルに合わせたマイペース学習ができることです。

家事や育児や会社勤務で忙しい女性の多くは標準受講期間4ヶ月で養成講座を修了しています。

自宅でのマイペース学習で野菜や果物の知識とノウハウを習得して認定資格を取得すれば「食」の仕事に活かせます。






野菜コーディネーター資格取得方法

野菜コーディネーター資格取得方法のおススメは通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座です。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

野菜コーディネーターの他にもたくさんの通信教育課座が用意されています。

野菜コーディネーターは一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

「がくぶん」の通信教育講座で野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識やノウハウを学んで健康食や美容食に活かしませんか。

野菜コーディネーターは調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが「食」の仕事に役立ちます。

次に、ホールフード協会の認定資格と野菜コーディネーター資格取得方法を紹介します。

1)Whole Food

野菜コーディネーター資格取得方法の前に一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格の紹介をします。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会には6つの認定資格があります。

・Whole Foodジュニアマスター・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスター

・野菜コーディネーター

・醸しにすと(発酵食スペシャリスト)・醸しにすと“極”(発酵食スペシャリスト“極”)です。

「がくぶん」の通信教育講座で野菜コーディネーターを取得して・Whole Foodジュニアマスターなどの上位資格や発酵食スペシャリストなどの「醸しにすと」に挑戦する人もいます。

「がくぶん」の通信教育講座を受講しませんか。

2)野菜コーディネーターとは

野菜コーディネーター資格取得方法を紹介します。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の養成講座を修了する方法が一番スムーズです。

「がくぶん」は伝統と実績があり通信教育講座システムが優れています。

ライフスタイルに合わせて学習できる通信教育なので、家事・育児・会社勤務に合わせたマイペース学習ができます。

家事や育児のスキマ時間や通勤時間を利用して学習できます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会認定の野菜コーディネーターは民間資格ですが「食」の仕事で活かせます。

3)養成講座の修了

野菜コーディネーター資格取得方法は「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで確認できます。

野菜コーディネーターとして一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会から認定される為には「がくぶん」の養成講座を修了する必要があります。

野菜コーディネーター養成講座を修了する条件は、指導課題と修了課題に合格することです。

指導課題と修了課題の合格のポイントは、リラックスしたマイペース学習です。

指導課題と修了課題の内容は、野菜や果物に関する基礎知識・野菜の特徴・果物他の食材の特徴・野菜で始めるエコライフ・栄養満点の健康レシです。

野菜コーディネーター養成講座の指導課題回数は4回あります。

養成講座の標準受講期間は4ヶ月です。

多くの人が約4ヶ月で野菜コーディネーターの認定資格を取得しています。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了して、ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得しませんか。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の養成講座を受講して野菜や果物の知識とノウハウを習得してください。






野菜コーディネーターの資格取得のメリット

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは「食」の仕事に活かせることや家族や親しい人の健康と美容に役立つ料理つくりに活かせることです。

健康スタイルキープの健康食やアンチエイジングやダイエットの美容食つくりに野菜や果物の知識とノウハウを活用しませんか。

野菜コーディネーター養成講座は通信教育機関の「がくぶん」にあります。

通信教育講座なので家事や育児に忙しい女性でも続けられます。

スキマ時間を活用したマイペース学習で野菜コーディネーターの認定資格を取得しませんか。

野菜コーディネーターは、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格です。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格は民間資格ですが、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識やノウハウを習得している証明になります。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが「食」の仕事で役立つ資格です。

次に、野菜コーディネーターの資格取得のメリットを紹介します。

1)スペシャリスト

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは、野菜や果物のスペシャリストとして活躍できることです。

野菜コーディネーターは一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格です。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会には、野菜コーディネーターの上位資格や発酵に関する資格が用意されています。

野菜や果物のスペシャリストとして活躍したい人は野菜コーディネーターの資格を取得しませんか。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会にある資格は、

・Whole Foodジュニアマスター
・Whole Foodシニアマスター
・Whole Foodマスター

・野菜コーディネーター

・醸しにすと(発酵食スペシャリスト)
・醸しにすと“極”(発酵食スペシャリスト“極”)などです。

2)健康スタイル

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは野菜や果物を活かした健康スタイルキープの健康食をつくれることです。

健康スタイルは見た目年齢を若くするだけではありません。

野菜や果物の特徴を生かした美味しい健康食はメタボ予防・改善に役立ちます。

メタボは生活習慣病のリスクを高めます。

健康スタイルをキープして快適生活しませんか。

3)野菜や果物でアンチエイジング

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは野菜や果物をアンチエイジングやダイエットに活かせることです。

野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを活用してアンチエイジング食・ダイエット食・美肌食をつくりませんか。

美肌美人つくりは毎日の食事でつくれます。

「がくぶん」の通信教育講座で野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを学んでください。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、
野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを学べます。

養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

野菜や果物の知識とノウハウを健康スタイルつくりの健康食やアンチエイジング・ダイエットの美容職つくりに活かしませんか。






野菜コーディネーターの資格概要

野菜コーディネーターの資格概要を紹介します。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトを覗いてみませんか。

一般社団法人・ホールフード協会の野菜コーディネーター資格を取得できる養成講座が紹介されています。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、一般社団法人・ホールフード協会の野菜コーディネーターを取得できます。

野菜コーディネーター資格は一般社団法人・ホールフード協会の認定資格です。

民間資格ですが、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを習得している証明になります。

調理師や栄養士のような公的資格ではありませんが、「食」の仕事や家族の健康美容に役立つ料理つくりに活かせます。

次に、野菜コーディネーターの資格概要とホールフード協会について紹介します。

1)ホールフード協会

一般社団法人・ホールフード協会のHPで野菜コーディネーターの資格概要が確認できます。

ホールフード協会は2008年に設立された一般社団法人です。

ホールフード協会の事務局は東京都の大田区にあります。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会では、教育・通信販売・ツアー・コンサルティング・人材派遣・情報発信・出版・イベントやセミナー企画などの活動をしています。

ホールフード協会の代表はタカコ ナカムラです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座の通信教育や教材の監修はタカコ ナカムラがしています。

2)ホールフード協会の認定資格

ホールフード(Whole Food)協会の資格は7つです。

・Whole Foodジュニアマスター
・Whole Foodシニアマスター
・Whole Foodマスター(スペシャリスト)

・野菜コーディネーター

・醸しにすと(発酵食スペシャリスト)
・醸しにすと“極”(発酵食スペシャリスト“極”)になります。

野菜コーディネーターの資格概要は「がくぶん」とホールフード協会のHPで確認できます。

3)「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで野菜コーディネーターの資格概要を確認してください。

「がくぶん」の養成講座では、

・美味しい野菜と果物の種類
・美味しい野菜と果物の選別方法
・鮮度を保った保存方法

・美味しさを引き出す調理方法
・豊富な美味しいレシピなどの知識とノウハウを習得できます。

美味しい料理つくりには、野菜や果物などの食材を選択する目を養うこと・買い物や食材調理が楽しくなる知識やノウハウが大切です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会代表のタカコ ナカムラが監修しています。

野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウをカラーテキストとDVDで学べます。







野菜コーディネーターの志望動機

野菜コーディネーターの志望動機には、健康食・美容食・アンチエイジング食・ダイエット食・生活習慣病予防食つくりや食育に活かしたいなどがあります。

野菜コーディネーターの知識には野菜と果物の種類・選別方法・保存方法などがあります。

美味しさを引き出す調理方法や美味しいレシピなどの知識やノウハウを料理に活かしませんか。

野菜コーディネーター養成講座は「がくぶん」の通信教育講座です。

通信教育講座なので通学や決められた講座時間割はありません。

自宅で都合の良い時間にマイペースで学習できます。

家事・育児・会社勤務で忙しい女性におススメの講座です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学びませんか。

いろいろな野菜と果物の種類・美味しい野菜や果物の選別方法・鮮度をキープした保存方法・美味しさを引き出す調理方法・豊富な美味しいレシピを習得して生活の質(QOL)をアップしてください。

次に、野菜コーディネーターの志望動機について紹介します。

1)おばさん肌とスタイル

年齢を重ねるとともに年齢肌・年齢サイン・皮下脂肪・内臓脂肪・筋力低下が気になり始めます。

おばさん肌やおばさん体形は見た目を老けさせます。

健康・美容に役立つ美味しい料理を食べてアンチエイジングしませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜と果物の知識とノウハウ習得すればアンチエイジング食に活かせます。

野菜コーディネーターの志望動機には、おばさん肌やおばさん体形を改善したい理由あるようです。

野菜や果物の知識とノウハウを活かしたアンチエイジング食で見た目年齢を若くしてください。

2)健康改善

野菜コーディネーターの志望動機には健康改善があります。

年齢とともに内臓脂肪・皮下脂肪・筋力低下が目立ち始めます。

美味しい食事と運動をとりいれた生活習慣で健康スタイルになりませんか。

内臓脂肪・皮下脂肪・筋力低下は生活習慣病の原因になります。

生活習慣病とは脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・糖尿病・肥満などです。

「がくぶん」の養成講座でいろいろな野菜と果物の種類・美味しい野菜や果物の選別方法・鮮度をキープした保存方法・美味しさを引き出す調理方法・豊富な美味しいレシピを習得して健康美容食つくりに活かしてください。

3)ダイエット食つくり

野菜コーディネーターの志望動機にはダイエット食つくりがあります。

野菜や果物の知識とノウハウを活かした美味しいダイエット食をつくりませんか。

ダイエットはスリムボディつくりに役立つだけでなく生活習慣病予防になります。

人気の通信教育機関の「がくぶん」では、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識・ノウハウを習得できます。

養成講座を修了すれば、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格がもらえます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育講座です。

自宅でのマイペース学習で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学べます。

おばさん肌とスタイル改善のアンチエイジング食・健康改善食・内臓脂肪や皮下脂肪を減らすダイエット食つくりに役立ちます。








野菜コーディネーターに求められる能力

野菜コーディネーターに求められる能力は、野菜や果物の種類や選別方法、保存方法や調理方法や美味しいレシピなどです。

野菜や果物の選び方や品質を保った保存方法は美味しい料理をつくる基礎になります。

栄養を最大限に引き出す調理法や豊富なレシピを習得すれば生活の質(QOL)アップに役立ちます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講しませんか。

野菜コーディネーター養成講座では、いろいろな野菜と果物の種類・新鮮な野菜や果物の選別方法・鮮度をキープした保存方法・栄養を最大限に引き出す調理方法・豊富な美味しいレシピを習得できます。

「がくぶん」の養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

次に、野菜コーディネーターに求められる能力について紹介します。

1)野菜と果物の知識とノウハウ

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学べば、野菜コーディネーターに求められる能力をスムーズに習得できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード協会から認定された通信教育講座です。

家事や育児に忙しい女性は通学制の講座に通うのは困難です。

講座カリキュラムや通学時間不要の通信教育講座を受講しませんか。

通信教育講座は自宅でマイペース学習ができるので、家事や育児や会社勤務で忙しい女性でも学べます。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて通信教育講座で野菜と果物の知識とノウハウを習得してください。

2)美味しい野菜と果物

野菜コーディネーターに求められる能力には、野菜や果物の種類や選別方法と鮮度をキープした保存方法などがあります。

美味しい料理つくりの基礎は野菜や果物の選別方法や保存方法です。

選別方法と保存方法の知識とノウハウがあれば美味しい料理つくりが楽しくなります。

健康と美容効果に優れた美味しい料理で家族を喜ばせませんか。

3)美味しい調理方法とレシピ

野菜コーディネーターに求められる能力には美味しい調理方法とレシピがあります。

新鮮で美味しい野菜や果物の選別方法と鮮度をキープした保存方法に、栄養を最大限に引き出す調理方法・豊富なレシピなどの知識が加われば周りから喜ばれます。

野菜コーディネーターの知識とノウハウを習得して健康と美容をサポートする美味しい料理つくりを楽しんでください。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、いろいろな野菜と果物の種類・新鮮で美味しい野菜や果物の選別方法・鮮度をキープした保存方法・栄養を最大限に引き出す調理方法・豊富なレシピを習得できます。







野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人を考えると、健康食や美容食つくりに興味がある人に向いていると考えられます。

野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを習得して、美肌食・ダイエット食・アンチエイジング食・生活習慣病対策食つくりに活かしませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講して野菜や果物の種類とノウハウを習得しませんか。

野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウは健康食・美容食つくりに役立ちます。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば認定資格を取得できます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得することで、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの知識とノウハウを習得している証明になります。

次に、野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人について考えます。

1)向いている女性

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人を考えると、美味しい料理つくりが好きな人・美味しい料理を食べるのが好きな人に向いています。

野菜コーディネーターに向いている女性は、

・野菜や果物を美味しく食べたい女性
・野菜や果物を活かしたアンチエイジング食をつくりたい女性
・野菜と果物を活用したダイエット食をつくりたい女性などです。

2)野菜と果物の料理

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人について考えると、野菜と果物を活かした料理つくりが好きな人に向いています。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶのは野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの知識とノウハウです。

自宅でのマイペース学習で、野菜と果物の基礎知識・野菜の特徴・果物とその他の食材の特徴・野菜ではじめるエコライフ・栄養のある健康レシピなどを習得しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格である野菜コーディネーターを取得できます。

3)野菜と果物の上位資格

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人について考えると野菜コーディネーターの上位資格を取得したい人にも向いています。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格には、野菜コーディネーター以外にも・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスター・Whole Foodインストラクター・醸シニスト・Whole Foodジュニアマスターなどがあります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの知識とノウハウを学びます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格には、
野菜コーディネーター以外にも・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスター・Whole Foodインストラクター・醸シニスト・Whole Foodジュニアマスターなどがあります。